注文住宅の特徴

いろいろなマンション

注文住宅とは、買い手側が、部材、工法、間取りなどの希望を伝え、建ててもらう住宅のことである。前提には、土地を所有していることが必要であり、土地に合わせた建物を作るのが注文住宅の前提になるのである。土地の測量、敷地調査が必ず必要になり、土地周辺の環境に応じて建平率などの算出が必要で、周りの住環境に応じては、日照権の関係上、建物の高さ制限などが出てくる可能性がでてくるのである。木造、プレハブ、コンクリートなどの部材の違いや工法によって注文住宅の構造が違ってくる為、希望する工法が無い場合、施工会社や設計士に工法の違いや特徴を説明してもらう必要がある。間取りは、基本的な水周り関係、ダイニング、リビング、和室、洋室などレイアウトの希望を伝え、注文住宅の設計をすることになる。

注文住宅を建てる際、重要なことはどの施工主、ハウスメーカーで注文住宅を施工してもらうかが重要になってくる。建築の工法は多くあり、ハウスメーカーには、それぞれ専門の工法や得意の工法をもっており、住む場所の環境や特質によって、工法の利点や欠点がでてくるのである。木造の工法は、木を使っている特性上、湿気に強いが、寒さには弱い。プレハブ工法は、地震には強いが気密性が弱いなどがある。どのハウスメーカーも欠点を克服する技術を毎年開発、研究しており、どの工法も欠点が無くなりつつあるのが現状である。数多くあるハウスメーカーを選ぶ基準は、難しいため、地元、大手ハウスメーカーなどの住宅展示場、見学会などを見に行き、参考にして住みやすく、安全な注文住宅、ハウスメーカーを選びたいものである。