注文住宅の価格

丸い部屋

注文住宅では、望みの住まいが実現できる戸建てとして人気を集ています。間取りや建具を幅広い選択肢によって決定する事が可能であり、個人における日常生活環境に応じた家づくりが最大の魅力となります。しかし、幅広い範囲からの間取りや建具の選択には費用の違いが生じてくるものであり、注文住宅における費用の増減に大きく反映するものとなります。 一般的なハウスメーカーにおける注文住宅の平均的相場は、1500万円から2000万円とされています。ただし、敷地面積や設備の設置環境によって大きく左右されるものであり、2000万円を超えるケースは珍しいことではありません。土地の広さにもよりますが、小さな戸建てを建てようとすればその分費用も少なく、よりこだわった間取りや建具を決定すると費用増大につながる事が一般的とされています。

各ハウスメーカーでは、様々な構造や工法によって注文住宅が建てられます。木造はもちろんの事、鉄骨、軽量鉄骨、コンクリートなど様々です。それによって費用は異なりを見せますが、近年では、軽量鉄骨構造が多いものとなっています。どの構造を用いたとしても、注文住宅における外壁の費用は大きな割合を占めるものです。この外壁では、様々な機能や性質が存在しており、それによって大きな費用さが生じるものとなっています。特に最近では、耐久性や高気密などを重視していることから、この外壁における費用は非常に高い傾向となっています。 一方、建具においても同様で、日差しが入りやすい大きな窓、高気密やセキュリティー強化を目的としたペアガラスなど高機能なものが選択肢となっています。注文住宅において、これらの機能性を重視した建材や建具によって費用増大している傾向が現状にあるのです。